漫画は人生のバイブル!40代女性にお勧めの漫画ブログ!

恋愛も友情も子育ても!大切なことはみんな漫画が教えてくれた!子供の頃からマンガ大好き!40代の大人の女性向けの読み応えのあるマンガを「ネタバレ少なめ」をモットーにいろいろ紹介して行きます♪恋愛漫画やBL漫画は少なめです。

40代女性向けの漫画「ふしぎの国のバード」5巻

今回の40代女性向けの漫画は佐々大河さんの「ふしぎの国のバード」5巻です(^^♪

実在したイギリスの女性冒険家の日本旅行記です

f:id:paradigmshifter:20190626224700j:plain

 

「ふしぎの国のバード」の5巻は最新刊ですが、発売されたのは2018年の10月です。

イザベラ・バードどいう実在したイギリスの女性冒険家の物語で、イザベラが江戸時代の日本を旅行した時の旅行記です。

 

1巻~3巻は超絶に面白かったのですが、4巻でマリーズ(男)というものすご~く嫌な奴が出てきました。

そいつを見るのが嫌でずっと5巻を読むのが延び延びになり、結局こんなに遅くなってしまいました💦

 

でも買ってよかった!!

マリーズも最後にちょこっと出てきただけだったし、1~4巻をしのぐ面白さでした(≧▽≦)

 

若き日のイザベラ・バードの物語が素晴らしかった

1~4巻は、主にバードが日本を旅行する道中の物語でした。

でも5巻は帯に

若き日のイザベラ・バード

とあるように、イザベラが日本に来る前、ロンドンで暮らしていた頃の物語でした。

 

1~4巻のイザベラは、女性冒険家ということもあり、好奇心旺盛でどんな困難にも果敢に立ち向かう、強くも愛らしい女性として描かれていました。

5巻でも、スズメバチに刺されて失神寸前になりながらも、日本の文化や風習をどん欲に知ろうとしていました💦

ところがロンドンにいた時のイザベラは、全く別人のようでしたΣ(゚Д゚)

 

イザベラは脊椎に持病を抱えていて、日本を旅行中にも苦しんでいます。

江戸時代の旅なので道なき道を行くことも多く、また装備も十分とは言えない過酷な旅です。

そりゃ、悪化するよ~💦

って感じなのですが、それでもイザベラは目的地である蝦夷(北海道)を目指して、決してあきらめようとしません。

 

イザベラの通訳ガイドで、この漫画の準主役の伊藤鶴吉(通称イト)はそんなイザベラを見て、旅行をやめさせようとします。

だって、どうしても持病が悪化してるようにしか見えませんから・・・(^^;

ところがイザベラはイトに向かって

伊藤から見ると

そう(悪化している)思えるかもしれないわね

と言い放ち、一歩も譲りません。

なぜならイザベラは、旅行に来る前はもっとひどい状態だったからです。

 

ロンドンにいた頃のイザベラは、心因性の神経痛を抱えていて、まるで生ける屍のように暮らしていたのでした。

そのイザベラが、なぜ冒険家になったのかは、5巻を読んでのお楽しみです(^^;

 

養生食の豆知識が面白い!早速試してみたいけど・・・💦

5巻は、養生食の豆知識が面白かったです(^^♪

極度の疲労と、スズメバチの毒で気を失ったイザベラに、イトが養生食を作ってあげたのですが、その時に披露された豆知識が興味津々でした!

 ごぼう

 ・解毒作用

 ・虫刺されの薬にも使われる

 にら

 ・疲労回復効果

 なす

 ・解熱作用

 みょうが

 ・炎症止め

 

にらに疲労回復効果があるのはなんとなく知っていたけれど、あとは全部知らなかったΣ(゚Д゚)

ごぼうが虫刺されの薬で、みょうがが炎症止めだなんて!?

こういうのって、試してみたくなっちゃいますよね(#^^#)

こんど蚊に刺されたら、ごぼうを・・・

どうすればいいんだ??

食べるのかい?

それとも、汁を塗るのかい??

ちょっと調べてみて、試してみる・・・かもしれません(^^)v

 

マンガでは若く描かれていますが、イザベラ・バードが実際に日本にやって来たのは、なんと

46歳の時のこと!!

こういうの読むと、すごく励まされますね!

まだまだ頑張れるんだっ✨

って明るい気持ちになりますよ(≧▽≦)

f:id:paradigmshifter:20190412162055p:plain