漫画は人生のバイブル!40代女性にお勧めの漫画ブログ!

恋愛も友情も子育ても!大切なことはみんな漫画が教えてくれた!子供の頃からマンガ大好き!40代の大人の女性向けの読み応えのあるマンガを「ネタバレ少なめ」をモットーにいろいろ紹介して行きます♪恋愛漫画やBL漫画は少なめです。

漫画「その女、ジルバ」1巻 戦後のノスタルジー好きに!

 第23回「手塚治文化賞 マンガ大賞」を受賞した、「その女、ジルバ」の1巻です(^^♪

戦前のロマンと戦後のノスタルジーを感じる素敵な物語

f:id:paradigmshifter:20190602214427j:plain

 

≪あらすじ≫

伝説のママ・ジルバの店 BAR OLD JACK & ROSE

戦前直後から夜の世界で生きてきたホステスたちの高齢BAR.

そこへ飛び込んだ一人の新人・笛吹新、40歳。

リストラで希望の職場を追われ、人生の曲がり角に差し掛かり、夢も、仕事も、結婚も、あきらめかけた彼女が、笑い、歌い、踊り、いつの日か忘れていた何かを取り戻していく。

 

マンガ「その女、ジルバ」は、数か月前に書店で手に取ったのですが、絵がいまいちで・・・

その時は棚に戻しました💦

でも少し前にネットで「手塚治文化賞 マンガ大賞 受賞!」というニュースを読んだので、今回はちゃんとお買い上げしました(^^)v

で、いつものようにカフェに入ってシュリンクをべりべり破り、改めて表紙を見て

絵がなぁ・・・💦

そして読み始めて、しばらくたっても

やっぱり絵がねぇ・・・💦

作者は「有間しのぶ」さんという方で、私は今回初めてこの方の漫画を読みました。

なので、

もしかして新人さんかな?

と思って調べたら、1982年にデビューされた方で、新人さんじゃなかった(^-^;

それはともかく!

カフェで涙があふれてほほに落ちるのが我慢できないほど、素敵な内容でした✨

海外で活躍した日本人ブラジル移民の2世「ジルバ」!

私は昔からなぜか

海外で活躍した日本人

の物語が大好きで

マンガなら、大和和紀さんの

「レディーミツコ」や「N.Y.小町」

も愛読しているし!

井上靖さんの小説の

映画「おろしや国酔夢譚」

も何度見たかわからないし!

今だって、幕末に漂流してアメリカに行ったジョン万次郎の物語

小説「ジョン・マン」3巻

を読んでいるところです(#^^#)

そして、この「その女、ジルバ」に出てくるジルバという女性は、戦前の移民政策でブラジルに移民した人の子供・ブラジル移民の2世という設定です!

そうは言っても、そんなにブラジル移民の話が登場するわけじゃないんです💦

「その女、ジルバ」はタイトルにジルバという女性の名前が入っているけれど、主人公はジルバさんじゃありません

しかもジルバさんは、とっくに亡くなっていて、登場人物の昔語りに登場するというスタイルです。

でも、ブラジル移民というだけで未知のロマン♥を感じて、物語の面白みがぐっと増すんですよね(^_-)-☆

予想以上に高齢BAR!80歳を過ぎても女は現役です!

さて≪あらすじ≫にある通り、主人公の笛吹新は

終戦直後から夜の世界で生きてきたホステスたちの高齢BAR

で働くことになるわけですが、このBARが予想以上の高齢BARでした!

なんとママの年齢は80歳!!

40歳の新は、昼間働くスーパーの倉庫では、年下の上司にいつも

オバサン

と呼ばれてて、自分でも「オバサン」に染まっていました💦

でも高齢BAR「 OLD JACK & ROSE」で働き始めてからは、お客さんや高齢のホステスさんたちに

★若い娘

★ギャル

★カラつけたヒヨコ

なんて呼ばれて・・・

いい意味で、どんどん価値観が崩れていきます(^^)

主人公・新と元気な高齢BARの仲間との楽しい毎日の物語と、時折間に挟まれる終戦後の日本で生き抜いたみんなの昔語り・・・。

終戦後の日本もノスタルジーにあふれていて、物語が深みを増しています。

はじめは私のように絵に苦手意識を持つかもしれませんが、素敵な物語ですよ(#^^#) 

★当サイトおすすめ★

f:id:paradigmshifter:20190412162055p:plain